【バンコク】Grabの使い方!スワンナプーム空港から市内までの行き方

【タイ】Grab

 

スワンナプーム空港からバンコク市内までの行き方は主に、3つあります。

  1. 電車に乗る
  2. タクシーに乗る(リムジンタクシー含む)
  3. Grabに乗る

この中でどれがオススメかというと、2. タクシーです。

それではなぜ、私はGrabに乗るのか

①電車と②タクシー、それぞれのメリット、デメリットについて書いていきます。

 

スポンサーリンク

1.電車のメリット、デメリット

電車の料金はすごく安いです。

空港からマッカサン駅までは35バーツ(約130円@3.7円)

空港からパヤータイ駅までは45バーツ(約160円@3.7円)

しかし、各駅電車しかなく時間もかかるし、混みます。

キャリーケース持ったままの移動はなかなか大変なものがあります。

そして、マッカサン駅/パヤータイ駅からの移動手段も電車かタクシーに限られます。

乗り換えがまた地獄です。

電車かタクシーに乗り換える必要があると思うのですが、通勤ラッシュにハマったらアウトです。

電車は10分おきに来ますが、満員電車のため乗れません。乗れるのは2つ~3つ見逃した後です。

タクシーを捕まえるのに10分以上。乗っても動かない。地獄です。

①電車はよっぽど心に余裕がないとお勧めしません(笑)

 

 

2. タクシーのメリット、デメリット

②のタクシーを勧める前に、なぜ③のGrabが一番オススメではないのか。

実は、空港でGrabを捕まえるのに、10分以上は待ちます

待機している場所が離れていることが一因です。

タクシー乗り場では、そこまで待ったことはありません。

そして、タクシーでも、ぼったくりはありませんので、安心して乗ることが出来ます。

じゃあ、なぜGrabを選ぶのか

それは、『領収書』問題です!

空港からのタクシー、空港へのタクシー、どちらもメーターではないため、領収書出してくれません。

確か料金は、400バーツぐらいです。

(ちなみに、リムジンタクシーの場合、領収書は出ますが、高いです。1500バーツぐらい…?)

昔は、領収書出してくれたのですが、最近はネゴで揉めることが多いです。

そのため私は、③のGrabを利用しています。

3. Grabの乗り方

ここからは、スワンナプーム空港でGrabの待ち合わせ方法を説明していきます。

まず、出国すると、ゲート10番近くに出ることが多いです。

 

では、早速Grabアプリを起動。

Carを選択→目的地を入力

次の画面で、Pick up point(乗車場所)を指定する画面が出ると思います。

 

ゲート10番からだと、ゲート7番が一番近いのでそこを選択します。

※このとき、Departure(出発)とArrival(到着)を間違えないようにしましょう。

出発ゲートと到着ゲートでは、フロアが違います。

私は一度、スワンナプーム空港から出発するのでDepartureを選択してしまい、運転手とニアミスしてしまいました…。

 

 

そうしたら、7番ゲートまで進み、外側のレーンに車が来ます

ここにGrabの説明に日本語訳を付けたものを載せておきますね。

 

くれぐれも車体番号を確認して乗ってください!

 

そして、Grabに乗るにはWiFiが必須です。

事前にレンタルをオススメします。

空港には無料のWiFiが飛んでいますが、タイの空港のWiFiは契約していないと使えないので、使い物になりません。

そして、待ち合わせは外側のレーンですので、電波が悪い状況も考えられます

Wifiは旅行の必須アイテムです。用意しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました