「携帯を盗まれた!」 今すぐとるべき対処法

【海外】その他

旅慣れしていても、お恥ずかしながら盗難にあったことがあります。

それも1回だけではなく、2回も。

1回目はイタリアで財布。2回目はベトナムで携帯を盗まれました。

しかし、世界広しと言えども、何をしたらいいのか一緒です。

今すぐにとるべき対処法について書き留めます。

スポンサーリンク

まずは警察で盗難証明書の発行

落ち込んでも、とられたものは戻ってきません。

命があっただけでもよかったと考え、気持ちを持ち直してください。

そして、今すぐに警察へ行ってください。

警察ではとにかく盗られたということを伝え、盗難証明書を作成してもらってください。

Theft certificate, please!!

セフト サーティフィケート、プリーズ!

ぶっちゃけ、単語も文法もめちゃくちゃです。

でも、これだけの英語で十分です。

言っても伝わらなかったら、上の画面を見せてください。

警察署のインタビューで聞かれることは、

  • 名前
  • パスポート番号
  • 盗難にあった状況
  • 被害額

大まかにこんなところです。

英語力に自信がなくても、しどろもどろでいいので、一生懸命に伝えてください。

保険会社へ連絡

盗難にあったら観光する気分に離れないと思います。

一度ホテルに戻り、旅行保険に加入しているならば、保険会社へ連絡しましょう。

もし保険に加入していなくても、クレジットカードに旅行保険が付帯している場合があります

確認してみましょう。

帰国後に盗難被害届の提出

帰国してから、旅行会社へ盗難被害の届け出をします。

このときに、警察で作成してもらった盗難証明書が必要になってきます

はっきりと言いますが、被害額全額は戻っては来ません

そして、現金は保険の対象外です。

それでもせっかく加入した保険です。利用しましょう。

まとめ

盗まれたものは戻っては来ません。

どこの国でも同じです。

まずは警察へ行きましょう。

経験と思い、そして命があることに感謝しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました