楽天銀行で海外からの送金を受け取るポイント3つ! 【個人口座】

【海外】その他

海外でビジネスしている えださと です。

海外へ送金する際は相手の指示通りにすればいいので、あまり心配ないと思います。

逆に、受け取る時は本当に受け取れるのか心配ですよね?

いつものメインバンクではなく、今回初めて楽天銀行で海外からの入金手続きを行いました。

個人口座でも受け取り可能です! (※送金する時は事前に登録が必要)

しっかりと相手に送金指示を伝え、確実に海外からの送金を受け取れる方法を記事にしました。

スポンサーリンク

送金指示時に必要な情報

送金時に必要な情報として、楽天銀行の公式ホームページをご確認ください。

https://www.rakuten-bank.co.jp/geo/incoming/flow-02.html

受取銀行情報

  • SWIFTコード: RAKTJPJT
  • 銀行名:    RAKUTEN BANK, LTD. HEAD OFFICE
  • 銀行住所:   1-14-1 TAMAGAWA, SETAGAYA-KU, TOKYO, JAPAN

最近のオンラインバンクの仕組みは、SWIFTコードを入力すると銀行名、住所が表示されます。

ここで一番重要なのが、SWIFTコードです。

保有している口座の支店があると思いますが、無視してOKです。

本店の情報だけで問題ありません

中継銀行情報

数多く海外取引をしてきましたが、「中継銀行」の指示をするのは初めてでした。

『必ず入力してもらうようにしましょう。

  • SWIFTコード: SMBCJPJT
  • 中継銀行名:  SUMITOMO MITSUI BANKING CORPORATION, TOKYO, JAPAN

受取人情報

  • 受取人名
  • 受取人住所
  • 口座番号(支店番号3桁+口座番号7桁)※ATMカードを見ると「科目」が支店番号と口座番号の間に書いてありますが無視します。

えださと
えださと

ここで、私はミスをしました。受取人名が個人であることを忘れていたため、相手が個人名を入力せずに、送金できませんでした。忘れずに伝えましょう!

送金指示で忘れずに伝えるポイント3つ

送金指示で注意するポイントはこの3つ!
  • SWIFTコードは支店関係なく、「本店(Head Office)」で問題なし!
  • ”中継銀行” は必ず必要!
  • “口座番号” は合計10桁! 

送金実行日から翌日にメールが届く

到着日にメールが届きます。

下記に、メールの内容を添付します。

メールが届いたら、楽天銀行にログインして、入金の申し出をしなくてはなりません。

楽天銀行にログイン

Step1. 受取目的の選択

目的にあった受取目的を選択してください。

Step 2.  口座の選択

入金口座を選択します。

Step 3. 受取りの確認

金額を確認してください。

この時、海外からの受け取り手数料として2450円差し引かれます。

以上で手続きは完了!

あとは、入金を待つだけです。

この設定を終えた翌日には着金が確認できました。

無事に海外での入金にも使えるし、手数料も低いので今後活用していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました